スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添い寝CD 02仁

2014.02.15
『安元さんの穏やかさに爆睡してしまう1枚。』

『俺様で大人な彼』とのことですが、全然俺様ではないような・・・。どちらかというと保護者的、彼女を庇護すべき対象として見ているという感じ。大人な彼に大切に守られているような内容ですね。言葉尻は命令口調ですが、俺様感より男性としての強さを感じました。台詞が少し文語調かな、最初は違和感があります。

「眠れないお前を一人にしておくのはいやなんだ。」なんという過保護なとーちゃん。照れ笑いをしてしまうわ。

ま、実際こういう風に言われたら、あたしゃぁカチンとくるよ~。子供じゃ有るまいし、こちとら寝たいときに寝るわ!そして喧嘩になる、絶対。←低レベル。
ところが、このCDの場合カチンどころか爆睡ですよ。もちろんフィクションとして楽しんでいるというのもありますが、それ以上に話す内容と口調が優しいんです。それに加えて心地よい低音。まさしく正しい『添い寝CD』!

これで最後のトラックまで気持ちよーく夢の狭間を漂っていたら、お約束のぎゃー!!展開がくるんですよ。

朝になって起きようとする彼女を寝ぼけながら、自分の腕の中に戻して、起きるのー!と怒られて覚醒したら、ちゅっちゅっちゅっちゅしてくる。起きる気全く無し。

この最中の「おはよ、」がすごくイイ!低い大人な声なのに、無防備で甘えた感じでキュンとします。

それが一転、彼女を捕らえて「誰(仁)の事を、どう思っているのか?」言わせようとするのが、完全に肉食獣を思わせる口調。もうそのまま食っちゃって下さい!

更に艶っぽい囁き「だがやめてやれない…」ひぃぃぃー!やめないで!←おい。
起きる気は無いが、ネル気ヤル気満々と言うべきか。なんていけないとーちゃんなんだ。目玉ひんむいて、覚醒しちゃったじゃないか!

というわけで、最初と最後のトラック以外は何度聴いても爆睡のわたくしでした!

※せりふはうろ覚えです。あしからず。

添い寝CD 01翔

2014.02.13
『平川さんのマイナスイオンとエロさに翻弄される1枚。』

設定としては『優しくて包容力のある彼』らしいのだけど、『優しくて包容力がある』のは平川さんの声であって、『翔』本人ではないような。優しいというより気弱で自己肯定感が低い彼。ちょっと共依存カップルぽくて冒頭は少し引いてしまいました。なんというか閉じた世界な感じ。まぁうだうだぐずぐず「好き」だの「好いてくれる」だの言うわけですよ。実際にこんなこと言われたら、あたしゃテーブルひっくり返してキレルわな。優しさと弱さはイコールじゃないんだよ。でも『翔』は26歳ですからね。彼女も同い年かそれ以下みたいだし、そのくらいの若さだったら私もそんな閉じた世界で浸ってしまうかもしれん。

と酷評しておきながらリピートしてしまうのは、やっぱり平川さんの声があまりにも穏やかで切なくて優しいからなんだな。『添い寝』という主旨であれば延々と繰り返される平川さん声のうじうじ会話は眠りを誘うのには最適。でも油断してうとうとしてたら大変なことが起こるのです。

「ワルイ子には、お仕置きだよ?」「イヤなの? だぁめ。離してあげないし、寝かせてもあげないよ?」(急にどどどどどうしたっ?!むしろよろっよろこんでっー!!)←お前がどうした。
しかも吐息交じりのひっじょーにリアルなせ、せ、せ、せっぷんの音がっ!!これは一見、じゃなくて一聴の価値有りですよ。『添い寝』CDシリーズでは『翔』のちゅうが一番
萌え転がりました!恐るべし、平川さん。『翔』編はこの落差がやみつきになりました。

注:台詞はうろ覚えです。悪しからず。

立木文彦さん

2014.02.10
実は一番好きな声はこの方。ずぅっーーと聴いていたい。聴いている間は「うっひょーっい、うっひょーっい!」と心の中で叫び続けていたりする。立木さんでダミヘのシチュCDってないんですよね。お願いしますお願いします。出してください。別に捻ったやつじゃなくて、普通の癒し系で良いんです。テンプレ展開でいいんです。お願いしますだぁ~。なんで無いの。ナレーション界で売れっ子ですもんね、あまり乙女系には出演されない方針なのかしら。
大好きです(真顔)。自力で脳内再生するしかないのか。

関俊彦さん

2014.02.10
凄い雪でしたね~。土曜は朝からマーライオンの娘を病院につれていきました。雪でベビーカーが動かない!というハプニングもありつつも軽症だったので一安心です。

続きを読む

優しい声

2014.02.08
娘が保育園ではらぺこあおむしの歌を覚えてきて、よく家で歌っているのでCDを聞いてみた。
メロディーが全く違うのにはびっくりしたが、それ以上に男性の歌声が優しくて柔らかくてひっっっじょ~うに癒された!
これが切欠で、しばらく遠ざかっていた声優さん方への愛が再燃してしまいそうになっている。
子育て話かと思いきや、オタク話ですな。

娘が生まれてから、乙女ゲームやる時間が全然とれなくて、最後にやったのはGS3だったかな。あれもとても良かった。娘の就寝中にやったりしたけど、敏感な子なのでイヤホンしてても起きてしまうんだよね。なので、残念ながら途中で放置状態。今のところコウ君押しです。わっしょい!

その後はシチュエーションCDにはまった。いろんな感想ブログを読んだお陰で情報だけは知っているという、いつものパターン。
実際購入して聞いたのは添い寝シリーズくらいなんだけど、本っ当にこれには中毒になりそうなくらいはまったなぁ。
このお陰で、平川さん、鳥海さん、立花さん、岡本さんという新たな好みの声優さんを開拓することができた。ありがたや~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。