スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いだーい!

2014.02.21
先日、凍結した道で転倒しました。都内は地元に比べて雪も溶けてたし、油断していたんですね。

だから道路が濡れてるな~なんて思っていたら、つるんとひっくり返っちゃった。それでとっさに左手をついたんですね。
いだーい!と叫んで身動きとれず、ようやく起き上がってもあまりの痛さに変な汗かきました。あとは吐き気と動悸が凄かった。

でも三日間は絶対に仕事休めなかったし、子の世話もあるのでほったらかしていたんですね~。その間も痛みで目眩があったので、やっと病院に行ってきました。自分では分からなかったけど腫れもあったみたいね。結果は亀裂骨折、いわゆるビビってやつですね。固定されて不便です!

PCのキーボードも打てないし、子の世話も不自由、夕飯作りも大変でした。せめてもの救いは左手だったことかな。

保育園のお迎えでは、他のクラスの子達まで寄ってきて、モテモテでした!こんなに大勢に心配されたのはじめて。
年中の女の子に「ねぇ、痛くて泣いた?」
娘「なかないよ!おとなはなかないんだよ。」
女の子「私のママは泣くよ!」
私「ママは泣かなかったけど、大人だって痛かったり、悲しかったら泣くよ~。」
女の子「そうだよ!うちのママはいつも悲しくて泣いてるよ。」

…なにか切ない気持ちになった。子供にとって親が泣くって、凄く不安に感じるんですよね。そのこのママが、本当にいつも泣いてるのか、泣いてるイメージが強すぎてそういう発言になったのかは分かりませんが、あまり子の前で泣かないようにしようと思いました。
ま、私は泣くより怒るのを減らさないといけませんが。
子が癇癪おこすと、今回みたいに体調不良だと結構同じレベルで向き合ってしまうんですね。反省。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。