スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.お買物全般

2014.02.04
スーパーマーケットとか、ホテルの売店とかはかなり不機嫌そうな対応をされた。品物を投げるように渡してくる店員もいてびっくりした。ブランド店は『日本人=高額商品を買ってくれるお客様』と認識しているからか、ものすごく対応が良い。ニッコニコでどんどん商品を進めてくる。それはそれで怖いけど。フォリフォリ、シャネル、ディオールの店員さんは本当に優しく丁寧に接待してくれた。高額商品買ってないのに申し訳ない・・・。
スポンサーサイト

13.エステ

2014.02.04
ホテルで初のエステ体験。
受付・カウンセリングは日本人女性で、とっても親切で分かりやすい。実際にマッサージしてくれたのは現地の方だったので、意思疎通に苦労した。力加減とかいろいろ聞いてくれたのに、ほとんど答えられず。でもとても気持ち良くてうとうとしてしまった。
施術後はゆっくりお茶を飲んで、リラックスして終了。

12.潜水艦

2014.02.04
バスに延々と揺られて潜水艦体験へ。なかなか寂れた感じのところで、小心者ゆえにどきどきしてしまった。それと少し酔った。
なかなか面白かったけど、説明が全部容赦なしの英語なので、英語が分からない人(私のことなんですけど)は楽しさ半減だと思う。これはホテルでもお店でも感じたけど、ほぼ日本人専用の観光地なのに少しも日本語で接待しようと思ってないところが凄い。日本語でやらなくてもじゃんじゃん日本人が来てお金落としてくれるから、困らないんだろうか。義務教育プラス高等教育で6年以上英語習ってるのに、できない日本人が悪いのかもしれませんが。

11.実弾射撃

2014.02.04
個人で予約していた実弾射撃のお店へ。こちらはオーナーが日本人なので、自分で電話予約できた。ホテルまで送迎してくれたんだけど、運転手も車も大きくてごつくて、ちょっとビビッてしまった。お店は閑散としていて、私たちの他は同じくカップル一組のみ。実弾射撃は私がどうしてもやってみたかったのだが、後から韓国での火災事故ニュースを見て、本当に危険なものなんだと実感した。ニュース見たあとなら行かなかったかもしれない。多分一生銃なんて握らないけど、握らないで済む人生なら、そのほうがいいと思うし。

10.食べ物全般

2014.02.04
アイスクリーム:粉っぽい。香料臭い。
クッキー:粉っぽい。香料臭い。
チョコレートドリンク:甘すぎる。クリームの量が半端無い。
ステーキ:肉肉しくて美味。固くはない。ソースが濃くてしょっぱめ。
ロブスター:美味だけど、身が少ない。ソースが濃い
ポテト:何にでもポテトがついてるってどゆこと?必ず山盛りフライドポテトか、マッシュポテト付。でも美味しい。たぶんバターと牛乳たっぷりでカロリー高い。
フルーツジュース:濃くて美味しい!!
マック:ハンバーガーが日本より大きい!というほどでもない。見た目が大雑把な感じ。値段は日本と同じか高いくらい。ジュース飲み放題だけどそんなに飲めない。
お土産:売っているものは、ほとんどがハワイのお土産物。

9.夕食『ハイアットリージェンシー アルデンテ』

2014.02.04
ホテル内のイタリアンレストラン。一番こってりしていたかな。
サラダ:大量でやっぱり不思議な味。
パスタ:ゴルゴンゾーラのパスタを頼んだのだけど、非常にこってりこっくりしていた。量も多くて、美味しいけど食べきるのが苦痛だった。だいぶ胃腸が疲れてきていた頃だったからだと思う。
ステーキ:やはり大量のポテトがつく。固そうだけど、固くない。何でかなー、固いってイメージがあるけど、肉の焼き方が違うのかな。味はしょっぱい。濃いというよりしょっぱい。
この時点でもうお腹が限界になってしまった。給仕の人が「ここのデザート、本当に美味しいから食べてみて!」って言ってくれたけど、無理だった。これは本当に残念!デザート食べたかったよー。

8.夕食『ナナズカフェ』

2014.02.04
バスで行ったか、徒歩で行ったか記憶が無い!お店はいけすがあって地元っぽい外観と内装。日本のシェイキーズみたいな雰囲気。あまり期待していなかったけど、それなりに美味しかった。
パン:パンというか、イタリアンの細長い固めのスナックみたいなもの。だったような。
サラダ:やはり大量、ドレッシングが不思議な味。
ロブスター:焼いてあって香ばしい。でもマヨネーズみたいなソースがくどい。
ステーキ:またもやたっぷりのマッシュポテト。やっぱり美味しい。肉は大きめで固そうに見えるんだけど、そうでもない。そしてしょっぱい。
デザート:何食べたかなー。まったく覚えてない。ホテルに戻って物足りなくてバーに行ったから、頼んでないのかもしれない。

7.夕食『ヒルトンホテル ロイズ』

2014.02.04
客のほとんどが日本人のため、日本人用ディナーコースが用意されていた。でもメニューがなんとなく読めれば、英話できなくても指差しで注文できたので、アラカルトでお願いした。
グアムではここの店が一番美味しかった気がする。一番値段も高かったけどね。
パン:カリカリの薄切りバゲットにスパイスの入ったオリーブオイルを塗って食べる。美味。
サラダ:いろんな野菜がどっさり。大根とキュウリの千切りっぽかった気がする。3人前くらいあったかなぁ。アボカドとケチャップのソースってところがなんともアメリカンな感じ。不思議な味だった。
ステーキ:美味しい、けどしょっぱい。グレービーソースもこってり目。マッシュポテトうまうま。
ロブスター:美味しい、けど意外と身が少ない。あと、タルタルソースがこってり。
フォンダンショコラ:フォークを入れると中から熱いチョコソースがとろ~り。アイスとかもついてて美味。グアムで一番美味しい食べ物だったなー。

6.昼食いろいろ

2014.02.04
お昼はマックで食べたり、プールサイドのお店で食べたり、ホテルの『ハバナカフェ』で食べたりした。ハンバーガーはプールサイドのお店が肉肉しくて一番おいしかった。付け合せのポテトが大量で、別でオーダーしてしまったかと思ったほど。ホテルのカフェは客が全然いなくて、閉店かと思ったくらい。タコスロール、肉とチキンライスを頼んだ。味は普通。ずーっと流れている料理番組がとても面白かった。アメリカの料理って、調理方法は野菜をちぎってサラダにする、とか、肉を焼くとかとてもシンプル。その代わりソース作りに半端ない手間をかけるんだなーということがよく分かった。

5.朝食『ラ・ミランダ ビュッフェ』

2014.02.04
最終日は奮発して、1階のビュッフェへ。クラブラウンジに置いてあったものに、温かいものなども追加されていた。テラス席もあって、広くて明るくて開放的。クラブラウンジの閉塞感と比べると、別料金払っても行ってよかった。でも1回で充分。

4.朝食『リージェンシークラブラウンジ』

2014.02.04
ハイアットではクラブラウンジ階という少しお高めな部屋に泊まったのだが、朝食がただで食べられるという特権付だった。と言っても軽食程度だから大した物はないので、朝食無料のためだけにクラブラウンジ階に泊まるのはもったいないと思う。

やはり英語ができない、という自覚は恐ろしいもので、ラウンジ前に来ても二人でオドオドモジモジしてしまった。夫の瞬発力でどうにか切り抜けるも、部屋番号を尋ねられてしばし呆然。やっと私が部屋番号を思い出して朝食となったのでした。ご飯食べるにも一苦労だよ。ラウンジの客は全て日本人なのに、日本語が通じないってのも不思議な感じ。
ビュッフェに並んでいた食べ物・飲み物は以下の通り。ちなみにコンチネンタル・ブレックファストなので、温かい食べ物はなかった。なぜかトマトジュースもなかった。
牛乳・低脂肪乳・ヨーグルト・低脂肪ヨーグルト・グアバジュース・オレンジジュース・アップルジュース・シリアル数種・ドライフルーツ数種・果物数種・ハム2種類・スモークサーモン・クラッカー2種・生野菜数種・パン数種・コーヒー・ペリエ・ジャムやシロップ・ハチミツ。
くらいだったかな。
私はクラッカーとハムやサーモンでカナッペにしたり、シリアルにドライフルーツ入れて食べたりした。昼と夜が重い食事なので、日本人にはこのくらいがちょうどいいかもしれない。ひたすらパンばかり食べる人もいて(夫含む)面白かった。旅行中はお通じが悪くなることがあるので、シリアルがあると絶対に食べてしまう。

3.プール『ハイアットリージェンシー・グアム』

2014.02.04
グアム滞在中の大半はまったりプールにいた。凄く広いプールで流れるプールもあったんだけど、これには最後まで気づかず、ひたすらメインのプールでぷかぷか浮いていた(主に夫が)。プールの水は少し冷たかったので、貴重品の番も兼ねて私はほとんどプールサイドのカバナでうとうとしていた。

プールの先はすぐに海になっていて、そこでもちょっと遊んだりした。カニとかサカナとかもいて、意外と面白い。カニを持って夫に見せたら、おなごのようにキャーキャー嫌がるので、調子に乗って追いかけたらご立腹だった。海の水は透明で綺麗なんだけど、砂が細かくて歩くとすぐにごってしまうのが残念。青い空、青い海、青いプールに心地よい風のんびりゆったりした、とても良い時間だった。

最終日に気づいた流れるプールも良かった。木々が生い茂る中をぷかぷか流されて、それまでのプールとは趣が違っていて楽しかった。なぜ最終日まで気づかなかったのか・・・。早く気づいていればもっと堪能できたのに!

2.ホテル『ハイアットリージェンシー・グアム』

2014.02.04
ホテル到着。タモン中心地だけど、ハイアット周辺だけ少し静かな感じ。大通り沿いから、ホテル建物までゆるい上り坂のアプローチがある。正面玄関と言っても、なんとなく地味~な感じなので、サブ玄関なのかと思ってしまったほど。何が足りないんだろうな。照明かな。上り坂で視界にドーンと映らないからかな。これは宿泊中ずっと気になった。
バスを下りたのは私たち含めて数組。ドアマンとベルボーイに拉致されアワアワする私たち日本人。他のご夫婦も初心者みたいだったので、親近感が沸いた。エントランスからEVに乗るには部屋のカードキーが必要なので、ホテル宿泊者以外は上階にいけないようになっている。だからか、レストラン・カフェ・売店・エステの全てが1階に配置されていた。相乗りしちゃえば乗れるけど、あまりそういうことは無かったな。EVは6台もあってすぐ来るし、みんな相乗りしないように気をつけていた感じだった。

部屋に着いてチップを渡した後、金庫に貴重品を入れたり、荷物を入れ替えたりした。小腹がすいたのでホテルの1階売店へ。そこでサンドイッチと飲み物、ポテトチップス、クッキーを買って、部屋での遅い夕食にした。ポテトチップスは量が多すぎる上に味も濃すぎ、クッキーは高い割りにフツーのお味で、結局どちらも旅行中に食べ切れなかった。100%オレンジジュースとサンドイッチはとっても美味しかったなぁ。

部屋は広め。セミダブルのベッド2つに、大きめのテーブルと椅子2脚、寝椅子に大型TVとテレビ台。なにより2人の荷物を広げても通路が確保できるのが良かった。浴室は浴槽とシャワー室が分かれているのに浴槽にシャワーがついてないのと、シャワー室がガラス張りだったのが使いにくかった。洗面と浴槽・シャワー室で1室なのは、日本人には馴染めないけど仕方ないかな。それでもトイレはちゃんと個室になっていたので安心した。

日本のホテルより劣っていると感じたこと。部屋の冷蔵庫にGの死骸があったのと、使ったカップを補充してくれないこと。前の人が使ったままのグラスがあったのにも驚いた。

ホテルスタッフは1階の売店以外はとても感じよかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。