スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何がいけなかったのか

2012.05.15
退院して親子共々やっといろんなことが元通りと思っていたのに、土曜・火曜と耳だれがでてきてしまい、大事になってしまった。土曜の段階で入院していた大学病院に行ってお薬を変えてもらったものの、火曜の朝に再び耳だれ。今度は掛かり付けの小児科医から紹介状をもらって耳鼻科へ。

大学病院に入院していながら、何でこんなになるまで放置されていたのか、と厳しく叱責された。

耳だれは膿だけでなく、血まででていて本当にひどい状態だったらしい。何がいけなかったんだろうと、心から思う。こちらも入院して何人もの先生に見てもらっているから大丈夫、という油断があった。

でも検査の時も何度も耳は大丈夫か聞いて見てもらっていたし、退院してから初めて耳だれが出たときだって、すぐに大学病院の救急で見てもらった。小児科じゃだめだってことだったのかな。
入院中は耳鼻科にかけることはできないよね。それとも無理を言ってでも耳鼻科の先生に見てもらいたいと言えばよかったのかな。

土曜の夜も大学病院じゃなくて、救急センターに行けば良かったのかな。でもここも小児科だけだしな。でもそこなら休日診療の耳鼻科を紹介してくれたかもしれない。

それよりも月曜に耳鼻科にかかれば良かったのか。一日しか変わらないけど、少しはましだったかもしれない。

入院中もいろいろ悩んで、退院後もこれ以上仕事を休めないから、実家の母に見てもらうことに罪悪感も感じて、それでもやるしかない、と覚悟をきめたつもりだけど。

今回で本当に立ち直れないくらい落ち込んでしまった。もちろん立ち直らなければならないけど。

正直、保育園に対しても大学病院に対しても不信感がいっぱいで、これからどうしていけばいいのか五里霧中という感じ。

幸い、これから毎日処置に通えば問題はないらしいんだけど、反対に言えば大学病院で見てもらったから次の診療まで様子見、なんてしてたら難聴になったかもしれない。

本当に何を信じたらいいのか分からない。どうしたら最善だったのかも分からない。もっともっと私が注意深く娘の状態を見て、判断して、波風たっても違う方法を探せば良かったんだとは思う。小さな違和感はあったのだ。入院中、毎日2回回診に来てくれるとは言っても、担当医が直接見るんじゃなくて、その時のメンバーのトップが内診するだけ。こちらが気づいた不安に感じる症状を説明しても、今回の症状とは関係ないと却下されてしまう。抗生剤打って、熱が下がればいいみたいな感じだった。

本当に今回のことでは、保育園と大学病院に憤りを感じるけど、この感情がどこまで正当なのかも分からない。母親の責任も多分にあって、自分が見誤ったことに対する八つ当たりなのかもしれない。鼻水の段階で耳鼻科にかかれば良かったのか。

ぐるぐる同じことばかり考えてしまうよー。

とりあえずは冷静になって、毎日の耳鼻科通いをするしかないか。やれることをやるしかない。仕事もまた休まなきゃいけないけど、できるときに精一杯仕事するしかない。心折れてる暇はないよね。

ってこんなブログあげたら名誉毀損になるのかな。病院名だしてないからいいのか?

はぁ、本当に凹むわー。今までの経緯を振り返って自分を責めることしかできない。娘には非常に可哀想なことをしてしまったなぁ。

しばらくは病院通いで仕事を半日休むことになるから、来週は耳鼻科の後に眼科も行ってこよう。
最近やけに目をこするんだよね。一難来る前に回避するぞ!
スポンサーサイト

一難去ってまた一難

2012.05.15
やっと持ち直した心がポッキリ折れてしまいそう。

くっそおぉおー!こんなとこで折れてたまるかよぉおー!

しかも更にもう一難来そうな気がするんだな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。