スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添い寝CD 05玲央

2014.02.20
『吉野さんの優しい俺様声にのぼせる1枚。』
傍若無人で素直にならない彼という設定がとてもいかされた内容でした。満足じゃ。

職業がカリスマモデル、という時点でドン引きのワタクシ。『添い寝』01~12で唯一現実でお会いした事のない職業の添い寝相手です(笑)。カリスマじゃないモデルだって一般人には接点が無いように思うけど、私だけなのかな。ましてやカリスマモデルと同衾なんて己の肉体が恥ずかしすぎて、消えてしまいたい!

もしかしたら玲央の彼女も多少はそういう気持ちを持っていて、だから彼に尽くすような行動をとってしまうのかもしれません。「オマエは俺のなんだ?家政婦か?」と聞かれるんですが、じゃあ一般人の彼女に何を求めているの?と思ってしまいます。玲央の口調や、華やかな表舞台にたつ彼と平凡(多分)な彼女という構図がどうしても主従関係を思わせてしまう。無意識下でそれに捕われる彼女を「そうじゃないんだ」、「オマエのしてくれることじゃなくてオマエ自身が必要なんだ」というようなことを玲央が結構言ってくれます。俺様口調だけどね。これが玲央のいろんな感情を含んでいて、とても切ないんだな。

仕事でのトラブル、心身の疲労、それを癒すように彼女を呼び出す。でも夜中に急に彼女を呼び出したこと自体に罪悪感を感じてしまうし、良かれと思って自分の世話をしてくれる彼女に横柄な物言いをしてしまう。そういう玲央の彼女への「甘え」やもどかしい想いが彼の独白トラックに込められているんですね~。これが良いんですわ!吉野さんも巧みに演じてらっしゃいますしね!

添い寝相手の中では玲央が一番感情の振れ幅が大きい気がします。上から目線で彼女を扱ったり、いらいらをぶつけそうになったり、ちょっと落ち込んでみたり、甘えてみたり。でも根底にあるのは彼女を求める気持ちなんじゃないか。切実に彼女が必要だからこそ、自分の感情を制御できないというか。ま、疲れのせいもあるんでしょうね、あなたこそ早く寝なさいと言いたいですな。
スポンサーサイト

添い寝CD 04壮介

2014.02.19
『寺島さんの魅力に開眼した1枚。』
お名前はよく見かけるので人気声優さんですね。私は基本的に元気な少年系声が苦手でして、途中までは「これは無理だわ」と思ってたんですが、全然無理じゃない!むしろ大歓迎!!

明るく前向きな彼、しかも20歳ということで、若さゆえの明るさ・前向きさですね・・・、アホの子とも言う。若いのにウジウジしているのより、ずぅっといいんですが、声質と相まって底が浅い気がしてしまってねぇ。苦手なかっるーい喋りから始まり、冒頭は半目で聴いてしまいました。

「枕と仲良くするの禁止っ」(いやいや添い寝CDだろ、仲良くさせろ)
「仲良くするなら・・・俺としよ?」(ッッ!!す、す、するするっ!しますっ!!)←簡単に陥落。これだから聴かず嫌いは本当にいけません。

簡単に好き好き言うから、言葉に重みがない。←もちろん寺島さんのそういう演技です。時々真剣な低音で愛を囁かれても、まぁ若いからねー、今はそう思うよねー、と思ってしまう。これは私の年のせいですな。だからどちらかと言うと、甘い言葉より欲情しているような台詞の方が現実味があって、若さを感じてぐっときますねー。・・・何を言っているんだ、私は。

ともかく「若さ」を全面に押し出していて、それが中々イイ味出しているのではないでしょうか。壮介が言う「好き」は彼にとっては真実であっても、彼女にとっては軽く流す程度のこと。軽く言ってはいても、彼女に届かないように思えて焦燥感を感じてしまう壮介と、それを含めて楽しんでいる大人なずるさがある彼女、という印象です。
今までの『添い寝』相手にあった「身を任せることの安心感」は将来的な部分も含まれていたけど、今回はせいぜい一時の精神安定剤という感じかなー。先のことを言われても、夢のお話のように感じてしまう。これは年をとりすぎた者の意見ですね。勿論日々の生活で、一時の安らぎは馬鹿にできないくらい重要ですよ。だから壮介が彼氏として劣っているというわけではないです。

最終トラックでは、散々言っていた「明日は朝早い」彼女を良いようにする壮介に、萌え転がりつつも呆れました、いい意味で。きっとあの後彼女に怒られて涙目になっているんだろうなー、彼女も仕方ないなーと呆れつつも許してしまうんだろうなーと思いました。

添い寝CD 03智哉

2014.02.18
『立花さんの王子様声が堪能できる1枚。』

優しさを隠したがる捻くれた彼、という設定らしいです。が!全然優しさ隠れてないですからね。

「智哉」はちょい意地悪な彼。まーいちいち翻弄するようなことを言ってきて、腹立たしいこと。イラッとします。こういうのが好きな女性心理って分からんわー。って思いそうでしょ?それが思わないんだなー。意地悪が1としたら、彼女への優しさ9なのでイラッとさせられた後に、コロッと行ってしまう。

例えば「こっちにおいで、抱っこしてあげるから」。躊躇している彼女に「っぶー。(←これが非常に可愛い)時間切れ、残念だったね。」と落としておいて「うそだよ、僕のひざはいつだってオマエだけのためにとってあるんだよ。」なーんて言うんですよ!!
惚れてまうやろー!!
でも冷静にこの台詞打ち込んでると、オードリーのあの方と被るな・・・。

童話の朗読トラックではもちろんウトウト。

勿論、このまま寝かせてくれるわけないのはよく知っています。よくある「愛情を言葉で表してほしい」と告げる彼女に、言葉でなく行動で愛情を示す智哉。ちゅうちゅうしてきます。以前平川さんのが一番きゅんとした!と書きましたが、嘘です。立花さんのもヤバイ。明らかにねぶってますからね!しかも吐息がっ!悶えました。

そして興奮しすぎて、最後のトラックまで寝てしまう。どんだけ。

最後は目覚めのシーン、これも本当に可愛いです。智哉を起こすのに彼女がくすぐるのですが、立花さんのヒーヒー笑っている演技が、こっちまで笑いたくなるようなとても楽しげなものでして。カップルでのじゃれあい、うらやましいんじゃ!
こんな可愛らしいやりとりから、甘い雰囲気になって・・・。鼻血ぶー!

※台詞はうろ覚えです。あしからず。

添い寝CD 02仁

2014.02.15
『安元さんの穏やかさに爆睡してしまう1枚。』

『俺様で大人な彼』とのことですが、全然俺様ではないような・・・。どちらかというと保護者的、彼女を庇護すべき対象として見ているという感じ。大人な彼に大切に守られているような内容ですね。言葉尻は命令口調ですが、俺様感より男性としての強さを感じました。台詞が少し文語調かな、最初は違和感があります。

「眠れないお前を一人にしておくのはいやなんだ。」なんという過保護なとーちゃん。照れ笑いをしてしまうわ。

ま、実際こういう風に言われたら、あたしゃぁカチンとくるよ~。子供じゃ有るまいし、こちとら寝たいときに寝るわ!そして喧嘩になる、絶対。←低レベル。
ところが、このCDの場合カチンどころか爆睡ですよ。もちろんフィクションとして楽しんでいるというのもありますが、それ以上に話す内容と口調が優しいんです。それに加えて心地よい低音。まさしく正しい『添い寝CD』!

これで最後のトラックまで気持ちよーく夢の狭間を漂っていたら、お約束のぎゃー!!展開がくるんですよ。

朝になって起きようとする彼女を寝ぼけながら、自分の腕の中に戻して、起きるのー!と怒られて覚醒したら、ちゅっちゅっちゅっちゅしてくる。起きる気全く無し。

この最中の「おはよ、」がすごくイイ!低い大人な声なのに、無防備で甘えた感じでキュンとします。

それが一転、彼女を捕らえて「誰(仁)の事を、どう思っているのか?」言わせようとするのが、完全に肉食獣を思わせる口調。もうそのまま食っちゃって下さい!

更に艶っぽい囁き「だがやめてやれない…」ひぃぃぃー!やめないで!←おい。
起きる気は無いが、ネル気ヤル気満々と言うべきか。なんていけないとーちゃんなんだ。目玉ひんむいて、覚醒しちゃったじゃないか!

というわけで、最初と最後のトラック以外は何度聴いても爆睡のわたくしでした!

※せりふはうろ覚えです。あしからず。

添い寝CD 01翔

2014.02.13
『平川さんのマイナスイオンとエロさに翻弄される1枚。』

設定としては『優しくて包容力のある彼』らしいのだけど、『優しくて包容力がある』のは平川さんの声であって、『翔』本人ではないような。優しいというより気弱で自己肯定感が低い彼。ちょっと共依存カップルぽくて冒頭は少し引いてしまいました。なんというか閉じた世界な感じ。まぁうだうだぐずぐず「好き」だの「好いてくれる」だの言うわけですよ。実際にこんなこと言われたら、あたしゃテーブルひっくり返してキレルわな。優しさと弱さはイコールじゃないんだよ。でも『翔』は26歳ですからね。彼女も同い年かそれ以下みたいだし、そのくらいの若さだったら私もそんな閉じた世界で浸ってしまうかもしれん。

と酷評しておきながらリピートしてしまうのは、やっぱり平川さんの声があまりにも穏やかで切なくて優しいからなんだな。『添い寝』という主旨であれば延々と繰り返される平川さん声のうじうじ会話は眠りを誘うのには最適。でも油断してうとうとしてたら大変なことが起こるのです。

「ワルイ子には、お仕置きだよ?」「イヤなの? だぁめ。離してあげないし、寝かせてもあげないよ?」(急にどどどどどうしたっ?!むしろよろっよろこんでっー!!)←お前がどうした。
しかも吐息交じりのひっじょーにリアルなせ、せ、せ、せっぷんの音がっ!!これは一見、じゃなくて一聴の価値有りですよ。『添い寝』CDシリーズでは『翔』のちゅうが一番
萌え転がりました!恐るべし、平川さん。『翔』編はこの落差がやみつきになりました。

注:台詞はうろ覚えです。悪しからず。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。